新しいデジタルトラスト技術が続々登場!

富士通のデジタルトラスト技術で
新しいビジネス価値を!

富士通の最新デジタルトラスト技術を活用し、エコシステム型の新しい事業モデルの実証実験が行えます。各技術はAPI提供され、ドキュメントや活用事例も用意されており、技術支援も受けられます。

富士通のデジタルトラスト技術一覧

Picture

透過的トラスト

組織内・組織間でデータのやり取りを伴うワークフローにおいて、オフラインでも検証できる形で、真正性・非改ざん性を保証します。

詳細はこちら
Picture

Data e-TRUST

流通するデータの発行元や所有権、真正性の証明と併せて、データ取引の証跡を改ざん不可能な形で管理できます。

詳細はこちら

ConnectionChain

複数のブロックチェーンを接続し、様々なデジタル資産交換の取引処理を紐づけ、全体を一つの取引として自動実行することが可能です。

詳細はこちら
Picture

カメラ生体認証

特別なセンサーが無くても一般的なカメラを使って手のひら静脈認証を実現し、幅広い場面で簡単に信頼性の高い生体認証を可能にします。

詳細はこちら
Picture

Trustable Internet

インターネット上の情報の真偽を判断したい際に、関連情報を収集・分析することで真偽判断を支援する情報を提示します。

詳細はこちら

Robust Localization based MFA

インターネット上のデバイスの位置を高信頼に推定することにより、地理的な側面から不正なアクセスを検知し、セキュリティを強化します。

詳細はこちら
Picture

Federated SNS

異なる組織間を安全に接続し、ユーザと組織の個性に合わせたAIのサポートにより、組織にまたがるコミュニケーションを活性化します。

詳細はこちら
Picture

VC-Token Federation

ユーザー毎に持つウォレットで管理される情報に紐づけたNFTを発行します。NFTをタッチポイントとして、情報を活用した新たな価値や権利を安心安全に流通可能にする機能を提供します。

詳細はこちら

ゼロ知識エビデンス技術

二者間の取引履歴を秘匿化しブロックチェーンに保存した上で、その取引が実在したことを主張できる技術です。

詳細はこちら

PoC (Proof of Concept / 実証実験) のご案内

デジタルトラスト技術を活用したPoCを検討しませんか?
問い合わせフォームへ

簡単に試せる!富士通のデジタルトラスト技術を使ってできること

Picture

最新のデジタルトラスト技術を使ったPoC(Proof of Concept)が素早く行える

自律分散型のデータ連携システムを信頼性高く実現し、実証実験をスムーズに開始できます。

Picture

デジタルトラスト技術の環境準備は不要

クラウド上のAPIを使って、今すぐ、PoCの検討が始められます。

Picture

専門家が技術支援

複雑な技術であっても、デジタルトラスト技術の専門家が並走し、使い方を一緒に検討します。

Fujitsu Research Portal上で公開されている富士通のデジタルトラスト技術を使って、新たに創造した価値を実証しましょう

PoC(Proof of Concept)までの流れの例

1. 問い合わせる

2. 担当者から技術概要やPoCの説明を受ける

3. NDA、MoUを締結

4. 必要に応じて技術説明などの支援やユースケースへの技術適用のアドバイスを受けながらPoCを企画する

5. Fujitsu Research Portalの利用規約に同意し、APIを使ったPoCシステムを開発する

★PoCの申し込みがなくても、個人利用は可能です。
Fujitsu Research Portalにアカウント登録すれば、各種ドキュメントを読んだり、APIやデモアプリも試すことができます。

PoC(Proof of Concept)のご相談例

課題解決に最適なデジタルトラスト技術が分からない

新しいデジタルトラスト技術のサービス案はあるが、一からPoC開発するのは時間とコストがかかって大変

いろいろな技術を組み合わせて、ビジネスアイディアを具体化したい

パートナー様事例:

Picture

金沢工業大学様

課題: 単発のイベントによる集客だけでは、来訪者との継続的な関係が維持できない

効果: NFTの所有により、特別な体験を保管できるとともに、SNSでの共有やNFTの移転などにより、新たな集客への流れを作れる

詳細はこちら

Picture

関西学院大学様

課題: 人材採用する企業は、学修情報や保有スキルのデータの信憑性が必要。一方、学生主体で保有スキルを簡易にデジタル流通・開示制御する仕組みがない。

効果: 保有スキルを大学が証明し、企業が検証可能。スキルデータは学生個人の同意のもと開示制御が可能

詳細はこちら

アジア開発銀行様

課題: クロスボーダー証券取引は、仲介する金融機関の数が多いことから、取引コストや決済にかかる時間が増大。

効果: 複数のプレイヤが実験的に構築したブロックチェーンベースの金融システムを「ConnectionChain」によって連携することで、クロスボーダー証券決済が容易に

詳細はこちら