Fujitsu Social Digital Twin Platform

ソーシャルデジタルツインの目指す世界と技術

ソーシャルデジタルツインとは

富士通では、行動経済学などの人文社会科学と計算機科学を融合したコンバージングテクノロジー(*)により、人々の動きを高精度に予測してデジタルに再現するとともに、人々の行動特性に基づく未来の行動や起こり得るリスクを可視化し、多様な施策の立案を支援するソーシャルデジタルツインの研究を行っています。

(*)コンバージングテクノロジー: 特定の目的を達成するために2つ以上の異なる分野の科学や技術を融合した技術。特に、持続可能な社会の実現に向けて多様で複雑化する都市の課題を解決するために、人文社会科学と計算機科学の融合領域の研究開発に取り組む。

デジタルリハーサルとは?

ソーシャルデジタルツイン上で実現されるデジタルリハーサルは、施策を実世界に適用する本番の前に、デジタル空間の都市の舞台で人・社会の振舞いを再現し、その施策が与える効果や影響を把握することによって最適な施策を探索することのできる世界初の技術です。

社会課題解決を目指したソーシャルデジタルツインの取り組み

Picture

シェアドモビリティ最適配置

モビリティに関する社会施策のデジタルリハーサルをご体験頂けます。

詳細はこちら
Picture

公共交通のリ・デザインの支援

地域へオンデマンド交通などの新しい交通の導入を検討する場合に、どのような収益・サービスレベルになるか事前に評価することが可能となります。

詳細はこちら

災害レジリエンスと復旧戦略

災害によりインフラ設備が破損した場合に、重要拠点へのサービスを優先して復旧する計画の立案を支援し、多くの被災者を速やかに救済できます。

詳細はこちら